読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【C88】「みりんの飲み方」古くから飲まれているお酒・みりんの魅力

同人 C88

f:id:K4F2:20150911142058j:plain

みりんはお酒

 

サークルささのしずくの「みりんの飲み方」はみりん飲み比べレビュー同人誌です。

20種のみりん飲み比べレビュー本。割り方もいろいろ。みりんの歴史やみりん粕、みりんを使った料理レシピなども簡単に紹介します

C88当日頒布物詳細|ものづくり手帳

20種のみりんの紹介とそのうち17種の本みりんそれぞれ7パターンの飲み比べレビューを掲載。簡単なみりんの歴史やみりん粕、レシピも紹介

COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 みりんの飲み方

みりんはお酒。酒税法上のアルコール飲料であるのはもちろんですが、日本酒を勉強して辿り着いたという方も少なくないでしょう、と本誌に書かれていますが言われてみれば確かにみりんは確かにお酒だ。実際約14%程度のアルコール分も含まれている。*114%って……ワイン並?結構強い。とはいえ飲んだ事はない。というのもまず今までにみりん飲もう!という所に辿り付かなかったというものあるし、飲み方が分からないからっていうのもある。

ただ本誌でも触れられているんですがたとえばお正月に飲むお屠蘇ってみりんが使われているんですね。材料は日本酒と本みりん、そして屠蘇散(とそさん。数種の薬草を組み合わせたもの)。全然知らないで飲んでたけどそうか……お屠蘇もみりんの飲み方の1つではあるのかなと。そんな感じで本誌を読む事でみりんをどうやって飲めばいいかが分かり、みりんを飲んでみようかなっていう感じになってくる。

近年では日本を旅行するイスラム教徒が和食を楽しめるように、ノンアルコールを追求したみりんも登場している*2そうですが、こういう記述を見るとああお酒なんだという感じがする。でもお屠蘇はともかく、みりんを飲むとは一体……と思いながら本誌を読むと先に引用したようにそれぞれ7パターンの割り方で飲み方が紹介されており、こうすればみりんを飲む事ができるというのが分かりやすく説明されている。

レビューは1:1をの割合を基準として個人的・直感的な印象を表情アイコンで表示されているので分かりやすい。本誌で紹介されている飲み方は水割りや炭酸割りといった馴染みのある飲み方から牛乳割りなんていうのもある。え!?牛乳で割るの!?という感じで驚いたが、紹介されているみりんの中には牛乳割りがオススメになっているものもありキャラメルプリンにも似た風味と本誌に書かれていたり。カルアミルクみたいな感じなのかな?と思いつつ、みりんは日本酒よりも甘みがあるわけで実際約40 - 50%の糖分が含まれている。*3リキュールだこれ!って考えれば確かに牛乳で割るのもアリかも……と本誌のレビューを読んでいると新たな世界が開けてくるのがわかる。どんどんみりんが飲みたくなってくる。

本誌で紹介されているみりんはあまりスーパーで見かけないものが多く、それが逆に「これはスペシャルな日に飲みたいみりん」だなって感じがしてすごくいい。個人的に自宅でもよくお酒を飲んでいたころってスーパーで買えるものではなくわざわざお高い感じのスーパーとか百貨店まで買いにいってたかも……。最初にも触れましたがお屠蘇はお正月に飲むわけで、お正月って1年に1回のスペシャルな日なわけですけどその習慣は古く日本では平安時代から確認できるそうで。*4

みりんの歴史については本誌でも触れられており、飲み方のレビュー含めて本誌を手に取らなければ知らなかったそんなの……っていうみりんの新たな魅力が発見できてすごくいい。紹介した伝統仕込の本みりんはいずれもそれぞれに異なる美味しさがあるので、お好みの一本に出会うための参考になればと思います、とあとがきに書かれていますが本誌を参考にアンテナショップめぐりをしてその夜はみりんで一杯……なんて想像が膨らむ一冊。

あと一番上の写真では分かりづらいですが表紙の紙質がいい感じでデザインもすごくいい。ぜひ手にとって確認してもらいたいところ。

委託情報

【COMIC ZIN】みりんの飲み方

広告を非表示にする