読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラスルームクライシス第1話『遅れてきた転校生』感想

アニメ

f:id:K4F2:20150704163633j:plain

お荷物部署が活躍っていうとショムニですが

 

火星に作られた「第4東京都」にある霧科科学技術学園。そこには通称「A-TEC」と呼ばれるロケットの開発に携わるクラスがあった。昼は学生、放課後は学園を運営する霧科コーポレーションの社員として働く。そのA-TECに転校生がやってくる。しかしその転校生が誘拐されてしまいエンジニアでありクラスの担任である瀬良カイト率いるA-TECは転校生の救出作戦に乗り出した、というあらすじ。

キャラクター原案はかんざきひろ、シリーズ構成は丸戸史明 。

 

では物語冒頭、ヒロインの着替えとバイク登校をお楽しみください。

 

f:id:K4F2:20150704163632j:plain

いいにおいしそう

 

f:id:K4F2:20150704163634j:plain

バイクで通学

 

f:id:K4F2:20150704163636j:plain

長門

 

ビビッドレッド・オペレーションでもこんなの見た!っていうバイクシーンを終えて学園へ。主人公瀬良カイト(CV:森久保祥太郎)は若きエンジニアである。そして熱血先生でもある。声でわかる。

 

f:id:K4F2:20150704163629j:plain

よだれ垂れてますけど開発室室長って結構偉いよね

 

「俺の教え子である以上、エリート意識は捨てろ!」と個性豊かなA-TECをメンバーを熱くまとめあげます。

 

f:id:K4F2:20150704163639j:plain

f:id:K4F2:20150704163640j:plain

f:id:K4F2:20150704163646j:plain

f:id:K4F2:20150704163642j:plain

みんな会社にスカウトされたエリートでもある

 

そのクラスに転校生がやってくる。しかしその転校生が誘拐されてしまう。

 

f:id:K4F2:20150704163712j:plain

捕まる転校生

 

犯人グループは会社に対して本日中に身代金を届けろと要求。その話を校長から聞いた瀬良カイトはA-TECメンバーに「転校生をオレたちで救出する」と言う。

 

f:id:K4F2:20150704163648j:plain

えーっ!

 

f:id:K4F2:20150704163650j:plain

そしてオレが行く!

 

その足は震えていましたけど過去になにかあったんですかね。が、気がついた時にはクラスのテストパイロット、長門白崎イリス(CV:雨宮天)がロケットに乗って転校生がいる場所へとスクランブル!

 

f:id:K4F2:20150704163652j:plain

ピッチリスーツ

 

「勝手な真似するな!」みたいなこと言ってる間にイリスは飛行禁止区域の小惑星群につっこみ機体を損傷。8億のブースターやらなんやらをガンガン捨てていきます。

 

f:id:K4F2:20150704163655j:plain

捨てるね(8億円)

 

f:id:K4F2:20150704163656j:plain

8億円がぁぁ~!(CV:阿澄佳奈) 

 

目的地にたどり着くころには機体はもうボロッボロです。

 

f:id:K4F2:20150704163700j:plain

鉄クズ

 

そして辿り着いた先で目つきの悪い転校生京介氏霧羽ナギサ(CV:内田雄馬)を発見。いきなり悪態を吐かれます。

 

f:id:K4F2:20150704163702j:plain

目つき悪い

 

転校生はA-TECのメンバーに会うなり「最悪の判断だ」と言い放つ。その正体は会社の創業家一族の三男でお荷物部署であるA-TECを解体、メンバーのリストラをするためにやってきたA-TECの新部長だった、というところでおわり。

 

f:id:K4F2:20150704163706j:plain

150億のロケット大破されたらそりゃキレる

 

キャラクターデザインはさすがによかったですね。最初から説明が多かったのでちょっと詰め込みすぎ感ありましたけど「お荷物部署の熱血先生」と「教え子が上司でリストラのためにやってきた」っていうところだけ抜き出すと今後に期待感ある。ヒロインの印象は特にありませんが、主人公とナギサには注目したいところ。尻上がりに面白くなっていくといいな。

 

次回第2話、『リストラの教室』

=================================

読者になるはこちら→

Twitterはこちら→

フィードの登録はこちら→

広告を非表示にする