読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり第1話『自衛隊、異世界へ行く』感想

アニメ

f:id:K4F2:20150704150605j:plain

ヒロイン出てこないのに面白いって!

 

東京銀座に突如「異世界への門(ゲート)」が開かれた。「異世界」の軍勢とモンスター達。陸上自衛隊の尽力もあり自体は沈静化。そして門の向こう側『特地』へと調査に赴くことになる、というあらすじ。監督は京極尚彦。代表作はラブライブ。

えーはじめに申し上げておきます。第一話、ヒロインの出番がほぼありません。ですが安心してください。この第一話は面白かったです。

 

主人公は自衛官伊丹耀司(声 - 諏訪部順一)。登場時は三等陸尉。いえ、スマホでゲームしながら同人誌即売会へ向かうオタクです。

 

f:id:K4F2:20150704150552j:plain

課金してね(はぁと)

 

f:id:K4F2:20150704150624j:plain

柱に頭をぶつける

 

f:id:K4F2:20150704150625j:plain

みなさんも歩きスマホは気をつけましょう

 

趣味に生きる男伊丹。しかし突如東京に魔物が現れます。緊急事態発生です。

 

f:id:K4F2:20150704150554j:plain

ブタ

 

f:id:K4F2:20150704150555j:plain

やべーぞ!!

 

パニックに陥る東京。その光景を目撃する伊丹。「このままだと夏の同人誌即売会が中止になってしまう!」と言って颯爽と飛び出します。

 

f:id:K4F2:20150704150556j:plain

全ては同人誌のために!!

 

そして警官に襲いかからんとした騎士をあっさり倒します。

 

f:id:K4F2:20150704150627j:plain

強い

 

f:id:K4F2:20150704150628j:plain

警官は見てるだけ

 

伊丹は事態の沈静化を図るため警察と連携を取る。皇居へ一般市民を誘導、結果的に数千人の命を救います。

その後到着した陸上自衛隊と警察がモンスターや敵軍を鎮圧。事態は収束を迎えた。

 

f:id:K4F2:20150704150601j:plain

ロリ。今後ストーリーと絡むことはあるのか

 

事件後伊丹はその功績から「二重橋の英雄」と呼ばれ、二等陸尉に昇進。そして同人誌即売会は中止となります。

 

f:id:K4F2:20150704150630j:plain

そりゃそうだ

 

f:id:K4F2:20150704150632j:plain

中止になっちゃった

 

ここまで女性キャラクターはロリぐらいしか出てきていません。以下自衛官との濃厚な絡みをお楽しみください。

 

f:id:K4F2:20150704150606j:plain

近い

 

f:id:K4F2:20150704150607j:plain

ジーッ

 

ムダヅモの小泉っぽい首相はこの事態に立ち向かうべくゲートの向こう側に自衛隊の派遣を決定。なおこの総理は三ヶ月後任期満了に伴い退任してます。

 

f:id:K4F2:20150704150626j:plain

小泉

 

f:id:K4F2:20150704150631j:plain

ンモー日本の首相はすぐ変わる

 

ゲートの向こう側がどうなっているのか、どんな脅威が待ち構えているのかわかりません。そんな状況ですが伊丹とその同僚は「猫耳娘とか出てきますかね!」みたいな会話をしてる。

 

f:id:K4F2:20150704150634j:plain

でもこの状況ならわからんでもない

 

f:id:K4F2:20150704150616j:plain

ゲートの向こうには魔物の群れ

 

f:id:K4F2:20150704150615j:plain

f:id:K4F2:20150704150617j:plain

立ち向かう自衛隊

  

さあどうなる!?といったところで第1話終了。ヒロインの出番ナシ!

原作は未読。かなりよかったと思います。チラ見せ程度にエルフ、青い髪の少女がいましたが今後どうストーリーに絡むのか。

 

f:id:K4F2:20150704150553j:plain

エルフ

 

個人的にはエルフとキャッキャしてるだけでもいいです。来週以降期待したいですね。なお2クール24話だそうです。

 

次回第2話、『二つの軍勢』

=================================

読者になるはこちら→

Twitterはこちら→

フィードの登録はこちら→

広告を非表示にする